So-net無料ブログ作成
検索選択

A350と787を並べてみると [エアバス]

A350の組み立てが昨日から始まり、エアバスが写真を公開したことで、2大複合材料機を並べて比較することができるようになった。左は2007年5月に製造が始まったまだ未完成の787のZA001、右がA350の静試験機だ。ボーイングの単一材質バレルに対して、エアバスの複合材ーアルミリチウム混合材の違いは、787とA350の色の違いではっきり分かる。

7049008109_cd3e49a1a1_b.jpg

もう一枚の写真は、抜粋ではあるが、A350の設計でこれまでエアバスが秘密にしていたもので、これまで見たことがない航空機の中央翼桁用のアルミリチウム製の側面リブだ。

A350-SOB-Rib-Isogrid-thumb-560x465-154900.jpg

A380の縦通材と強化材の設計とは異なる網目状のパターンで、A350の第1リブの設計は、桁と縦通材キャップ、強化材が繋ぎ合わされたこれまでのものと違い、一体整形なので重量と製作時間が軽減される。これはエアバスの民間機でははじめてのものだ。
(4/6 FlightBlogger)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。