So-net無料ブログ作成

A350の静試験機が最終組立てに [エアバス]

A350-MSN5000-FWD1_800.jpg

フランスのサンナゼールの冬らしい朝、エアバスA350初の静試験機用の胴体セクションがA300-600STベルーガ輸送機に搭載された。目的地はフランスのツールーズで、この機体の最終組立を行っている。この機体はESもしくはMSN5000戸しても知られており、飛行はせず、地上試験でこの航空機の複合材ウィングとパネル構造胴体の静強度試験に使われる。
今回のセクションは、9月27日にフランスのメルテで製造された最前方胴体のセクション11/12が納入されたのち、12月9日からサンナゼールで結合が始まった。MSN5000に続きMSN001がサンナゼールで11月初旬から初期組立が始まっている。
MSN5000の前方胴体は来年の第1四半期に中央胴体と結合され、ツールーズのMSN001の最終組立は第2四半期に開始される予定。A350-900の初号機は現在のところ2014年の上期に納入される。
(12/23 FlightBlogger)

A350-MSN5000-FWD4_800.jpg

A350-MSN5000-FWD2_800-thumb-560x371-149675.jpg
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 

A350 XWBの前部胴体結合が始まる [エアバス]

エアバスがフランスのサンナゼールでA350 XWB用の全長21メートルの前方胴体セクションを結合し始めた。作業は数週間続き、これが終わると前方胴体はベルーガに乗せられて、A350 XWB最終組立ラインがあるツールーズに運ばれる。これがA350 XWBで最終組立ラインに入る最初の大物セクションになる予定だ。
この前方胴体は初めて組み立てられるA350 XWBの静試験機になることが決まっている。そのあとすぐに最初の「飛べる」機体のMSN1が、エアバスが製造する5機の飛行試験機の1機として続く。静試験機は地上試験のためだけに使われ、認可に必要な荷重に耐えることと、鍵となるデータを2013年の初飛行までに提供する。

(12/9 エアバス)

7c4c59cdb1_2.jpg
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 

エアバスが新型ウィングレットの評価飛行を開始 [エアバス]

エアバスはこれまで繰り返し実施してきたA320のウィングレットの最新版による飛行試験を始めた。来年から装着を始める予定。
エアバスA320の飛行試験機MSN001は11月30日午前10:20にツールーズを離陸し、現地時間午後3:03に着陸、220時間予定されている一連の飛行試験をスタートした。エアバスが「シャークレット」と呼ぶウィングレットを製造段階で初めて装備するA320は、年末までに承認を受けられれば、来夏に飛行が可能となる。初引き渡しも来年になる見込み。
高さ2.5mのこの装置は現行のウィングフェンスを置き換え、A320の燃費を3-3.5%向上させることができる。この装置は2015年に就航予定のA320 NEOでは標準装備になる。
エアバスはこの数年、様々異なる設計のウィングレットを評価してきており、最終的に11月30日のバージョンにようやく落ち着いた。
(11/30 Aviation Week)

A320-MSN001-Sharklets-A2A3-thumb-560x343-148438.jpg
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 

エアバス天津の物流会社が事業開始 [エアバス]

エアバス天津ロジスティクスが天津自由貿易特区の真新しい施設で営業を開始する。同社の物流施設はヨーロッパと同じ設計で、EADSとエアバスによる現在と将来の中国における業務提携プログラムをサプライチェーン管理の面からサポートするのが目的だ。
エアバス天津物流の設立セレモニーが行われ、中国の政府関係者、エアバス駐在とそのパートナー、航空業界の専門家などが参加した。天津にこの物流会社を設立したことで、エアバスは特に中国でのエアバスの物流輸送を世界のサプライチェーンに組み込むことで最適化を図ろうとしている。
現在、エアバス機の部品や装備品を多くの中国企業が製造、納入している。これらの企業はハルビン、瀋陽、天津、西安、成都、上海などに点在しており、それぞれが別のサプライチェーンで管理されている。連携し、一貫したサプライチェーンがあれば、エアバスの製造ラインの効率を上げ、物流コストを抑えることができる。
「エアバス天津物流は中国とそれ以外の都市のすべての産業流通を強力にサポートし、中国で拡大する我々の産業活動に必要なものだ。天津のエアバス物流センターはA320の最終組み立てラインとデリバリーセンターを持つ天津との提携の前進ステップだ。」とエアバスチャイナのローレンス・バロン社長は語る。「今回の物流改良の施策は機体の5%が中国で生産されるA350 XWBの製造もサポートする。」
2009年の10 月にエアバスは天津に物流ハブを天津自由貿易特区に設立する覚書に調印した。2010年には物流センターが仮施設で運用を開始し、FALCで組み立てられる機体に装着されるSINELSON AERO(天津)のA320のウイング装着プロジェクトとウイングスラットの組み立てと試験という2つの大きなプロジェクトに関わってきた。
(11/18 エアバス)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 

エアバス、A350の遅れとA340の製造中止を発表 [エアバス]

エアバスA350-900の就航が再度遅延し、今回は胴体中央パネルの納入遅れが原因だという。2011年第3四半期の決算発表でエアバスの親会社のEADSが就航は2014年の上期になることを認めた。エアバスは第3四半期で同計画に2億ユーロ(2億7千3百万ドル)を計上している。

A350XWB-Airbus.jpg

A350計画責任者のディディエ・エブラール氏によると、遅れを生じさせたのは胴体中央パネルの最終組み立てラインへの納入遅れだという。このパネルはスピリットエアロシステム社のセントナザル工場製だという。「中央胴体パネルは今月末には到着し、最初のアイテムが到着してからここまでの間が予定より空いてしまった。」という。

しかしエブラール氏は中央胴体はもっとも複雑な部品のひとつで、最終組み立ての前ではもっとも時間がかかるものだという。「これはサプライヤの問題だけではなく、複雑さの話しでもある。」

業界筋はこの計画は現在3ヶ月以上遅れていると指摘しており、最終組立が始まるのは2012年初頭になるとみられている。エアバスは時間軸を示していないが、機体は6ヶ月程度遅れていると見られる。同じく初飛行も大きく遅れて2013年の第一四半期にずれ込む。飛行試験用に計画されている期間は変わらず、楽しみがある年とされているが、エブラール氏は今回の変更で「少し余裕ができた。いいものを作れる。」という。

計画の変更は予想されていなかったものではないが、顧客には快く受け止められないようだ。エアバスは後発モデルのA350-1000とA350-800も18 ヶ月から2年遅れ、それぞれ2017年と2016年に引き渡される見込み。この決定は主にロールスロイスがトレントXWBエンジンをアップグレードするのと技術リソースをA350-900に振り分けるためのようだ。

-900の計画変更は影響が大きく、エミレーツなどは注文をベースラインバージョンからより大型の-1000への変更を検討している。

エアバスは同時に最近受注がないA340プログラムの終了を発表した。A340-200とA340-300は246機すべてを引き渡している。A340-500/600は133機の受注と129機の引き渡しが残っている。

(11/10 Aviation Week)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。