So-net無料ブログ作成
検索選択
小型機 ブログトップ
前の5件 | -

中国ARJ21が冠水テストを実施 [小型機]

(6/28 FlightGlobal)
Comac(中国商用飛機有限責任公司)がARJ21リージョナルジェット計画で冠水滑走路テストを開始した。
6月28日にARJ21-700が西安ヤンリャン空港で特別に作られたテストレーンで高速走行を実施した。このテストレーンは長さ100m、幅8mで最低水位12.7mm。
中国航空局とアメリカ連邦航空局の代表が同席した。

arj21.jpg

[コピーライト] Comac
Comacによると同機は6月22日から冠水滑走路で地上滑走、離陸、着陸などの様々な速度で10回のテストを実施したという。冠水試験は航空機耐空性とエンジン空気取入口の安定性を決定する重要なテスト。このテストでは滑走路が浸水していても機体が地上滑走、離着陸できることを確かめるものだという。
今回は中国のリージョナルジェット機が初めて国際的な耐空性基準にしたがって設計開発する計画で、中国アメリカの双方の航空局から型式証明を受ける。
同機は2月から確認飛行を始め、1,500時間の飛行試験で280項目を行う予定。Comacによると、これまでに対気速度校正、自然着氷、エンジンナセル防氷、横風試験を終えており、失速試験を準備中だという。
ローンチカスタマーの成都航空は初号機を2011年末までに受けとる予定だったが、承認プロセスが遅れているため、最大1年延期されている。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(1) 
共通テーマ:blog

スーパージェット100がインドネシアで行方不明に [小型機]

ロシアのスホーイ・スーパージェット100がインドネシアでのデモ飛行中に行方不明となった。スーパージェットによると機体はシリアルナンバー950004で、総飛行回数500回、飛行時間は800時間だという。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 

MRJ開発遅れ、初飛行は2013年末 [小型機]

三菱航空機のMRJリージョナルジェットの初飛行はこれまで計画していた2012年第2四半期から1年以上遅れ、2013年の10月から12月になる。MRJの初号機引き渡しも同様に1年以上遅れ、これまでの2014年第1四半期から2015年夏になる、と三菱航空機が発表した。
同社によると「 製造工程の再確認」と「 技術検証に猶予を持たせる」必要があるという。
詳細について同社広報は機体の製造に関する工程の見直しが必要だとし、加えてこのプロセスが航空局による認可に必要なものだ、という。工程確認の期間が当初予定したより長くかかっているという。

MRJ.jpg
[コピーライト] Mitsubishi Aircraft Corporation

同社によるとMRJのエンジンの開発は"スムーズに進んでいる"といい、このプラットアンドホイットニー社のPW1217Gギアードターボファンは"月末にも"初飛行するという。
2月のシンガポールエアショーで三菱はMRJの初飛行が遅れそうなことを示唆し、計画の"難しさ"を認めていた。
広報担当者によると、今回の遅延は同機の顧客3社とは協議を終えているというが、その反応についてはコメントを控えている。
MRJの購入計画を発表しているのはまだ3社だ。同型機の受注は約1年前の2011年6月に、香港を拠点とするリース会社のANIグループホールディングが5機のMRJの購入覚書にサインしたのが最後だ。ANIはインドネシアの整備工場で、インドネシアの5社に機体のリースも手掛けているエアロヌサンターラの系列会社だ。
日本の全日空は15機の確定発注と10機のオプションアメリカのトランスステーツホールディングスが50機の確定発注と50機のオプションを持っている。

(4/25 FlightGlobal)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 
共通テーマ:blog

ホンダジェットが航空機整備工場を建設へ [小型機]

ホンダ航空機がホンダジェットの整備修理オーバーホール工場を同社拠点としているノースカロライナ州グリーンズボローのピードモントトリアード国際空港に建設する。
建設費は2,000万ドルで来年の第2四半期に建設を開始する、と藤野CEOが語った。同社は2013年上期に建設を終了すると見込んでいる。
総面積は8万平方フィートで、格納庫と作業場、カスタマーサポートの施設を備え、重整備とオーバーホールサービスが提供できるよう設計すると言う。
このMRO工場はディーラーネットワークとして、製造メーカーならではの重整備整備サービスを展開する、と藤野社長は言う。
ホンダはこの工場にすでに1億2千万ドルをかけており、藤野社長によるとこれはこの機体とグリーンズボロー地域にかける意気込みだと言う。
ホンダはグリーンズボローに50万平方フィートの土地を持っている。
「私の夢はグリーンズボローを航空の中心地にすることだ。」という。「アメリカには180の航空宇宙関連企業があり、9,500人が働いているが、ホンダ航空機は大事な宝だ。」とグリーンズボロー経済開発連合のダン・リンチ代表は語った。
(10/26 FlightGlobal)

HondaJet-HondaAircraft-HondaJet.jpg
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 
共通テーマ:blog

アエロフロートのスホーイSuperJetが初飛行 [小型機]

スホーイがアエロフロートの塗装を施した同社向けのスホーイスーパージェット100初号機の初飛行を行なった。
95008機は1月31日に製造され、50分のフライトをKomsomolskon-Amur郊外のDzemgi空港で実施した。
「2011年中にあと数機を顧客に引渡す予定だ。」という。
テストパイロットのレオニード・チクノフ氏は同型機が2年半の飛行試験プログラムの中で制御や安全システムに大きな不具合がなく、これが先月ロシアの型式証明取得につながった、と説明した。
チクノフ氏はこの機体は操縦しやすいという。加えて、モスクワのズコフスキーでの飛行で5羽のカモメに遭遇するバードストライクにあい、うち2羽が同機のPowerJet SaM146エンジンに入ったが機体の運航に支障はなかったことも明かした。
ロシアのユナイテッドエアクラフトは2010年決算の速報で、155機のスーパージェットを受注しており、あわせて96機のアントノフAn-148、51機のツポレフTu-204/214、同社最新鋭のMS-21を190機、3機のイリューシンIl-96がある。
昨年、ユナイテッドエアクラフトが引渡した民間機は7機だけで、4機はロシヤ航空へのAn-148だった。2機はツポレフTu-204で、リース会社のVTBリーシングと北朝鮮のエア高麗だった。残りの1機はTu-214でロシア大統領機。
ユナイテッドエアクラフトによると、引渡しを今年上期に変更した機体があったため、引渡し数が減ったという。
(2/7 Flightglobal)
38158.jpg
38159.jpg
38160.jpg
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | - 小型機 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。