So-net無料ブログ作成
検索選択
その他航空 ブログトップ
前の5件 | -

アメリカン航空、USエアとの合併を労組が支持 [その他航空]

american-us-airways-inside-small-1-1.jpg

アメリカン航空の3つの労働組合が正式にUSエアウェイズとの合併を支持することを表明し、両社の合併の可能性が高まった。
パイロット同盟連合、運輸労働組合、専任客室乗務員連盟の3労組には、昨年11月に破綻したAMRを親会社とするワンワールド所属のアメリカン航空の従業員が55,000名加入している。
3労組の共同声明によると「われわれは、わが社とUSエアウェイズが合併する可能性があることについて支持を表明する。われわれはUSエアウェイズと合併した航空会社でアメリカンの従業員が従う包括労働協約の基本事項の合意に達した。」という。「この重要な決定は、アメリカン航空とUSエアウェイズが合併することが会社再建にとって最適かつもっとも早い戦略であるという我々の共通認識を表すものであり、連邦法第11条の再生プロセスから抜け出し、アメリカン航空を航空業界で卓越した地位に戻すことができるものだ。」
USエアウェイズのダグラス・パーカー会長は従業員向けの文書で3労組と覚書に署名したことを認め、アメリカンとの合併は同社にとって"またとないチャンス"だという。
"我々の素晴らしい実績に明らかなように"USエアウェイズは他のエアラインと合併する必要はないという従来のコメントを繰り返しながらも、「 アメリカン航空の現在の状況と将来計画を検討すると、アメリカンが事業再生を行っている間に合併することが、我々が無視すべきでないまたとないチャンスだという結論に至った。」とパーカー会長は記載している。合併によって"規模も事業範囲も広い、より効率的で利益競争力がある優れたエアライン"になるだろう、と付け加えている。「 我々の目的は二つのネットワークを補完してひとつに合わせ、両社の今のハブ空港と機体を維持しながら、ユナイテッド、デルタや業界の他のエアラインと対等に競争する航空会社を作ることだ。」
アメリカンとの合併によって、単独での再建計画によって発生する失業のうち、少なくとも6,200名を救済することができる、とパーカー会長と3労組は語った。
しかしながらパーカー会長は今回の労組との合意が2社が合併することを意味するわけではない、と繰り返した。「 実際に合併するには、AMR債権者や経営陣、取締役会の協力などもっとやらなくてはならないことがある。ただし今回は明らかにそのうちの重要な一歩を踏み出しており、最後まで力を合わせていきたい。」という。
アメリカンは労働協約の解決を裁判所での承認を求められており、4月23日に聴聞が開かれ、単独財務再建計画で示している通り許可されると見られている。同社の労働組合とアナリストはこの計画に疑問を呈しており、パイロット同盟連合は以前、「 経営陣の事業計画については我々のコンサルタントは、多くのウォールストリートのアナリストと同じ結論に達している。"これではアメリカン航空の収益課題を解決できない"だ。」
USエアウェイズは1月にAMRに関する選択肢を調査するアドバイザーを雇ったことを認めた。同社のスコット・カービー社長は3月に、米国の航空業界でもうひとつ大きな再編がある、と語り、USエアウェイズがアメリカンを買収するという憶測を増長した。カービー社長は2006年にUSエアがデルタ航空の買収に失敗したことに触れ、同社は買収の目標と労働組合を見方につけることが大事だということを学んだという。

(4/20 FlightGlobal)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 
共通テーマ:blog

中国南方航空がA380を初めて国内線で運航 [その他航空]

中国南方航空が10月18日からA380新造機を使用した国内線運航を始める。
スカイチームのメンバーでもある同社は同日から北京広州路線を運航する予定。次のA380 の国内路線は北京ー上海虹橋で、10月27日から毎日運航する。
最初の国際線のA380は広州ーパリ路線の予定だが、就航日は公表されていない。
中国南方はこの機材を国内線で使用する最初のエアラインになる。現在のA380運航社は、シンガポール航空、ルフトハンザ、カンタス航空、エールフランス大韓航空でいずれもこの機体を国際線のみで使用している。
(9/7 Flightglobal)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 
共通テーマ:blog

コンチネンタルがFAAに小糸工業の座席を再申請 [その他航空]

ユナイテッドコンチネンタルはコンチネンタルの機材で使用されているすべての小糸工業製の座席の再承認を受けるつもりで、ボーイング757から試験が始まっている。
同社はノースウェストエアロスペーステクノロジー(NAT)社に承認業務を委託する。
NATの幹部は本件についてコンチネンタルのエンジニアと業務を進めていることを認めているが、詳細は明かさなかった。
小糸工業は世界中で使用されている15万座席分のテストデータを偽造し、EASAとFAAが耐空性改善通報を発行し、航空会社が小糸の座席とシステムが法的要件を満たしていることを確認し、安全性が確認できない場合は座席を取り卸すことを求めている。
FAAによると278機のコンチネンタル機が小糸の座席を使っているという。コンチネンタルの広報は、「我々はFAAと密接に調整をしており、法要件を完全に満足する。FAAに試験計画を提出しており、受け入れられた。757の試験をすぐに開始する。」という。コンチネンタルの試験計画は明らかにされず、FAAもコメントしていない。
ただしコンチネンタルはFAA ADの要件の上をいく模様で、枠組みを一致させるのみならず、座席の完全な再承認を受け直し、いつでも座席の改造ができるようにする構えのようだ。
コンチネンタルは最新のライブテレビシステムのLiveTVを導入する予定だ。LiveTVはコンチネンタルの計画について装着の状況をコメントすることは差し控えている。一方でコンチネンタルはボーイング737の納入がもとに戻ったと発表した。同社は昨年の小糸事件で納入遅延に頭を悩ませていた。B/Eエアロスペースが新しいコンチネンタルの737に座席を提供している。
(9/1 FlightGlobal)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 
共通テーマ:blog

SIA新LCCの名前は Scoot [その他航空]

シンガポール航空はシンガポールの商標を管理するシンガポール知的財産事務所(Ipos)に新しい中長距離航空の名前としてScootを登録した。
IposによるとSIAは6月20日に名称の権利申請を行い、申請書にはエアラインと航空旅行業に使用すると記載されているという。8月23日のアビエーションウィークによる取材では、SIA広報担当者は新会社がScootになるともならないとも明らかにしなかった。「いくつかの名前が検討されているが、現時点では新会社の経営陣はブランドの詳細を明らかにすることはできない。詳細は新会社の経営陣から後ほど発表される。」という。
同社は現在、ボーイング777-200を運航する中長距離のローコストキャリアを設立しようとしている。きっかけはアジア太平洋における中東やA330-300を運航するエアアジアX、ジェットスターに価格競争で対抗するためだ。
商標申請はまたSIAが中長距離定期旅客航空会社としてScootのブランドを将来どのように生かしていこうとしているのかを示すものでもある。それによると、Scootの商標はチャーター運航、旅行代理店業務、ツアー予約、旅行情報業、観光業、休日パッケージサービス、マイレージサービス、貨物運輸業、レンタカーおよび優先搭乗やアップグレードチケット等の特典サービスも行う模様だ。
(8/23 Aviation Week)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 
共通テーマ:blog

エアアジアとMASが資本提携 [その他航空]

マレーシアの2大航空会社が資本提携が明らかになった。ローコストキャリアのエアアジアの親会社のTune Airがネットワークキャリアのマレーシア航空の20.5%の株式を取得する。
包括業務提携合意によるとマレーシア航空の最大株主のカザナナショナルはエアアジアの株式の10%を取得する。あわせて長距離部門のエアアジアXの株式も10%取得する計画だ。
「総合的に見ると、今回の業務提携でMAS、エアアジア、エアアジアXともにそれぞれがもっとも得意とする分野に注力することができる。」とカザナは声明文で述べている。
提携の初期段階では互いの運航に影響がない範疇で「速効性のある相乗効果」を目指すが、今回の契約は将来的に3社が完全な独占禁止除外の適用を見込んだ提携も視野に入れている。
MASのムド・ノル・ユソフ会長によると、「相互提携によりMASはコアマーケットに集中させることができ、搭乗率の向上や経営資源の効率化を図る。」といい、「加えて技術面などのサービスをエアアジアとエアアジアXに提供することもできる。Firefly(MASのLCC子会社)はあらためて地域のフルサービスエアラインとして経営資源を再投入する。」という。
エアアジアのCEOでエアアジアXの取締役も勤めるトニー・フェルナンデス氏は、「中核ビジネスフォーカスすることで、両社がそれぞれの顧客に最大限のサービスを提供できるようになる。」といい、「エアアジアとエアアジアXは新たな路線と行き先を開拓し成長する。我々のビジネスモデルは、拡大する低価格旅行を嗜好する消費層のために価格を下げ続けることであり、今回これをより効果的に進めることができる。」と語った。
提携の推察で両社の株式取引は昨日から停止されている。
マレーシア航空の2010年度の営業収入は42億4千万ドル、純利益は7300万ドルで、93機を運航している。
急速に拡大し、海外に多くの関連航空会社を持つエアアジアは、昨年度は営業収入12億3 千万ドルで3億3千万ドルの利益をあげている。
(8/9 Flightglobal)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←。「にほんブログ村」ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります

nice!(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | - その他航空 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。